謹賀新年

 拙Blogをご覧の皆様。
 新年明けましておめでとうございます。
 旧年中は風来坊の鉄道讃歌と2つのBlogをご愛顧くださり、まことにありがとうございます。
 平成21年も変わらぬお付き合いをお願いいたします。

 早速ですが平成21年の1枚目はこれ。

 この1年をイメージできる一枚と言う事でいろいろと探したんですが、こんな一枚になりました。
 一枚の写真から何をイメージできるか。何を想像できるか。

 そして、撮影者の意図や狙いや、もっと言うと何を感じて欲しいか?までを表現できているか。
 ともすれば自己満足のスパイラルに陥ってしまいがちなものですが、それでもやはり『表現者』としての自負と矜持を持ちたいところです。

 去年は色々有りました。本当に色々有りました。
 信用していた人間に裏切られたり、仲間だと思ってた人間が舞台裏で舌を出していた事実に気が付いたり。
 自分がされて嫌な事を平然と他人にしておきながら、自らに火の粉をかぶって不貞腐れて拗ねている人も居ました。
 私を騙している事を隠し良い面の皮で平然と話をしてくる人間に対し、全部知ってて騙されているフリをし続ける事にも疲れてきてました。
 人の口に板は立てられません。どんなに隠しても全部筒抜けになっている事を気が付いてなかったんでしょうね。
 人間と言う生き物の嫌な部分ばかりが目に付いて人間不信に陥ってしまった後半戦でした。

 でも、それも昨日で終わり。今日からは新しい年です。
 八方塞の一年が終わった事にホッとしています。

 新しい年を迎えるにあたり、気持ちを入れ替えて進んで行きたいと思います。
 今年も宜しくお付き合いください。

 今年も一年終わりました。
 ヘッドライト/テールライト2008
 定番エントリですな(笑)

 今年も色々有りました。
 0系は引退するわ、銀河なんかが廃止になるわ。
 これといって路線の廃止はありませんでしたが、世代交代も進んだ年でした。
 ふと気が付けば、国鉄型と言うのが一つのブランド化しています。
 花輪線に国鉄急行色が闊歩していた時代。
 ある意味で良い時代の最後の潮溜まりでした。

 ヘッドライト/テールライト
 激動の時代が続きます。旅はまだまだ終わりそうにありません。
 次の一年が拙Blogを眺めてくださる皆様にとって良い一年でありますようお祈りいたします。
 そして、鉄道とそれを取り巻く美しい情景にとっても。
 素晴らしい一年になる事を期待して。

 このBlogの5年目も宜しくお付き合いくださいませ。
 平成20年12月31日 午後10時 通算1259件目のエントリー

 風来坊拝
 

安足間の朝

| コメント(4)

 鼻毛も凍るような朝。
 気合を入れて起きてみれば身を切るような寒気と共に眩い太陽がありました。
 とことこと旭川からやってきたキハ40の単行が駅のホームで息を整えています。
 貨物がボチボチ来るなぁと思っていましたが、まずは目の前のキハ40に全力投球!(笑)

 天井が鈍く輝き実に良い雰囲気です。

 やがて僅かな停車時間を使い切って列車は駅を出て行きました。
 まだまだ低い角度で差し込むやわらかい冬の朝日。
 きつい影を落とすでもなく排煙を上げて加速していくキハ40。

 冬場の撮影の醍醐味は日の出直後と日没直前かもしれませんね。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.23-ja